適正な後遺障害の認定を受けたい!

そんなあなたを交通事故による金銭的な不安から解放するサービスが遂に登場!


適正な後遺障害を勝ち取る 後遺障害応援団

適正な後遺障害保険金慰謝料で、示談後の治療費後遺障害による収入減少などの不安から卒業しませんか?

実務書や参考書の知識だけじゃない! 自身の被害者経験を活かしたサポートで あなたとともに適正な後遺障害を勝ち取ります!

適正な後遺障害が認定される
ここまで差がつく保険料

後遺障害応援団の
3つの特徴

後遺障害の専門家があなたをサポート
お客様が満足できるサービスをご提供
料金の詳細が明確でとても安心

無料メルマガ登録はこちらから

交通事故発生直後から適正な後遺障害の取得までおトクな情報をお届けします
示談終了後の治療費後遺障害による収入減少などの不安から卒業しませんか?





お名前・メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
登録後すぐに、記入されたメールアドレスに自動返信メールをお送りいたしますので、ご確認下さい。

はじめまして、松井昭一と申します。

私は、これまで交通事故に関する業務を取り扱う行政書士として、多くの方が適正な後遺障害を勝ち取れるようサポートしてきました。

適正な後遺障害を勝ち取る専門家と認識されているおかげでしょうか…

後遺障害が非該当となったことのある方から「後遺障害を取得したい」と、ご相談をいただきます。

また、交通事故業務を取り扱っている他の行政書士や弁護士から、
お客さまの後遺障害が取れない」といった相談もたくさんいただきます。

実に多くの方が適正な後遺障害が認定されないことについて、悩んでいると感じています。

過去に後遺障害を取得できなかった相談者に話を聞いてみたところ、申請方法や身体に残存した症状について特に問題はありませんでした。

それどころか、

インターネットや実務書を活用し、必要な書類などをしっかり集めて申請しているのです。

適切な後遺障害を勝ち取るために専門家という肩書は、特に必要ありません。

なぜ、多くの相談者や専門家の後遺障害が非該当となってしまうのか

理由について考えてみたところ…

実は…

認識の違いに原因があったことに気づいたのです。

後遺障害により車いす生活を余儀なくされた男性

認識の違いが後遺障害非該当を招く?

過去に後遺障害が非該当となった相談者やお客さまの適切な後遺障害を取れなかった専門家に共通すること。

それは、あることの認識が違っていたことが原因だとお伝えしました。

「あること」とは、何なのか…

それは、神経症状に関する認識でした。

神経症状に関する認識の違いをご理解いただくため、追突事故を例に説明します。

追突事故が引き起こす代表的な症状は、頸椎捻挫や腰椎捻挫です。

よく、「追突されてムチウチになった」と言われるものです。

ここで、いきなり余談ですが

みなさまに親しまれている(?)「ムチウチ負傷したときの身体の動きを表す言葉で、専門家の間で受傷機転と呼ばれるものです。

したがって、「ムチウチムチウチ症は傷病名ではありません

追突事故の衝撃を受けた瞬間を横から見たときの頭から腰にかける動きが鞭を打つ動きと似ていることから、ムチウチと呼ばれるようになったのです。

話を戻します。

交通事故による衝撃を受けて、首や腰を捻挫したり肩や背中を強打することがあります。

すると、衝撃を受けたところやその周辺の体内で、神経が押しつぶされたり引っ張られたりして傷ついてしまいます

損傷した神経を経由する脳から末梢神経への信号や末梢神経から脳への信号がうまく伝達できなくなります

その結果、手足や指の運動機能に障害が生じたり手足や指からの情報が脳へ伝達されなかったりします。

交通事故による衝撃を受けたところやその周辺の体内で神経が傷つき脳と末梢神経の間に伝達障害があることを神経症状といいます

追突事故による頸椎や腰椎捻挫が引き起こす神経症状と後遺障害における関係は、次のように決められています。

12級13号

局部に頑固な神経症状を残すもの

14級9号

局部に神経症状を残すもの

症状固定日を過ぎても交通事故による衝撃を受けたところやその周辺に神経症状が残っていれば、後遺障害14級9号に該当します。

交通事故が発生した直後から一定の期間にかけ、医師の治療を継続して受診してきたにもかかわらず、今後、劇的な改善が望めなくなった状態を症状固定と呼び、症状固定となった時期を症状固定日と呼びます。

症状固定日を過ぎても交通事故による衝撃を受けたところやその周辺に頑固な神経症状が残っていれば、後遺障害12級13号に該当します。

ここまで読んでいただいた勘の鋭いあなたなら、もうお気づきかも知れませんね。

神経が損傷して運動障害や信号の伝達障害を引き起こすって・・・

・・・

・・・ん?

麻痺じゃない

正解です。

神経症状とは、麻痺のことを指しているのです。

わかりやすく麻痺と記載しないで「神経症状」と記載する理由を説明する前に少しだけ麻痺についてお話します。

麻痺は大きく2つに分類されます。

運動麻痺感覚麻痺です。

さらに感覚麻痺は、表在感覚麻痺深部感覚麻痺に分類されます。

それぞれの麻痺の例を挙げます。

運動麻痺

  • 手足や指を動かしにくくなった
  • 肘の曲がる角度が左右でちがう

表在感覚麻痺

  • 触れた感覚が鈍くなった
  • 触れられた感覚が鈍くなった

深部感覚麻痺

  • 指を曲げると痺れる
  • 文字が書けなくなった

先ほどの麻痺と後遺障害の関係における法律の条文を勝手にアレンジしてみました。

12級13号

局部に次の頑固な症状を残すもの

イ 運動麻痺
ロ 表在感覚麻痺
ハ 深部感覚麻痺

14級9号

局部に次の症状を残すもの

イ 運動麻痺
ロ 表在感覚麻痺
ハ 深部感覚麻痺

このような感じでしょうか。

同じ言葉が連続しているため、読みにくいですね。
(私のセンスがないだけという話も…)

なぜ、法律の条文が包括的・抽象的に記載されているのかについて、日常生活においてよくある「お買い物」を例に考えます。

お買い物は民法という法律によって、典型的な契約とされる売買の仲間です。

「売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。」

このひとつの条文で、食料品や文房具を買うとき、またはそれらを売るときなど、すべての売買に関するルールが決められています

事例ごとにルールを分ければ、膨大な条文が必要となり、新商品が発売されるたびに新たな条文を作らなければなりません。

そうなると条文を探すだけで何日もかかってしまうかもしれません。

このような混乱を避けるため、法律の条文は包括的・抽象的に記載されています。

運動麻痺や感覚麻痺が「神経症状」と包括して抽象的に記載されている理由は、条文の細分化による社会の混乱や無駄を避けるためです。

後遺障害により車いす生活を余儀なくされた男性

しびれはありますか?

「身体にしびれはありますか?」

病院で交通事故によるケガを診察した医師から「しびれ」の有無について確認されます

「しびれ」があると答えれば、医師はその発生箇所に応じた検査や治療をおこないその旨をカルテに記載します

「しびれ」について、あなたはどんなイメージをお持ちでしょうか?

症状の有無にかかわらず「しびれ」に抱くイメージを相談者へ質問します。

多少の違いはありますが、多くの相談者は次のように答えてくださいます。

「ビリッと体内が感電したように感じ、痛みを伴うこともある」

中には…

思春期に好きな異性を前にドキドキした感じ~!

こんな微笑ましいお答えをいただいたことも…(本人は真顔でした)

あなたは、「しびれ」についてどんなイメージをお持ちでしょうか?(2回目)

何度も質問した理由は…

実は…

医師から確認される質問「しびれはありますか?」は、「神経症状(麻痺)はありますか?」という質問だからです。

医師が質問した「しびれとはそれぞれの麻痺を総括する神経症状のことです。

つまり、

医師は、交通事故による衝撃を受けたところやその周辺の体内にある神経を介する脳から末梢神経の間において、神経症状が起こっていないか質問しています。

「しびれ」が神経症状を指していることを知らない方が、医師からの質問に対して自身がイメージする「しびれ」と勘違いして答えると、その内容が患者の主張としてカルテに記載されてしまうのです。
(さすがに初恋の~といった記載はしないと思いますが…)

この、カルテに記載された「患者の主張」が後遺障害の各症状に該当していなければ、身体には後遺障害に該当する症状があるにもかかわらず、神経症状の所見なしと記載されてしまいます。

結果として患者が自ら神経症状がないと主張していると判断されてしまい、当然ながら後遺障害非該当となります。

医師が質問する「しびれ」と相談者や専門家が持つ「しびれ」のイメージの間にある大きな認識の違いが、過去に後遺障害非該当となった原因であり、後遺障害を取れない原因でした。

私は「しびれ」の認識の違いによる後遺障害非該当を避けるため、「しびれ=神経症状」について、何度も依頼人へ説明してきました。

交通事故によるケガの治療期間中、依頼人に同行して今後の治療方針について医師と相談します。

そのとき、医師の前で「しびれ=神経症状」と改めて説明することもあります。

ちなみに、ある医師に神経症状を「しびれ」と質問する理由について確認したところ、

患者さんは「神経症状」や「〇〇麻痺」と聞かれるより「しびれ」と聞かれた方がわかりやすいよね?

でした。

忙しい医師は、患者に神経症状の詳細について説明する時間がないといったところでしょうか…

後遺障害により車いす生活を余儀なくされた男性

適正な後遺障害を勝ち取るということ

適正な後遺障害を勝ち取るうえで、知らなければ損をする神経症状に関する認識の違いについて、ご理解いただけましたでしょうか?

あなたが、神経症状に関する認識の違いについて深く理解し自身の症状を正しく主張し、さらにその主張を立証できれば、適正な後遺障害を勝ち取ることができます。

あなたは、適正な後遺障害を勝ち取ったあと、後遺障害保険金や慰謝料逸失利益を手にすることができます。

交通事故による後遺障害がなければ将来にわたり得られたことが考えられる収入や利益を逸失利益と呼びます。

交通事故の慰謝料や逸失利益は、後遺障害に該当するか否かによって結果が大きく異なります。

交通事故の慰謝料額は、後遺障害の等級をもとに算出します。

逸失利益はその性質上、後遺障害に該当していることが大前提となります。

あなたは、適正な後遺障害保険金や慰謝料、逸失利益などを勝ち取り、交通事故の示談以降の日常生活における治療費の捻出や収入の減少といった不安から解放されるのです。

この事実を知り、それを伝えてきた依頼人や後遺障害が取れなかった専門家の後遺障害の該当率や取得率が格段に変わりました

より多くの交通事故の被害者が適正な後遺障害を勝ち取ったあとの日常生活を送るうえで、治療費や収入減少といった金銭的不安から解放される未来へと向かってほしい

だからこそ、適正な後遺障害を勝ち取る「後遺障害応援団」を設立し、あなたの後遺障害等級認定をサポートするサービスを提供することにしました

後遺障害応援団という選択肢

交通事故を行政書士へ依頼

後遺障害の手続きに限らず「交通事故に関する問題は弁護士に依頼するもの」このように考えておられる方は多いのではないでしょうか。

実は弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士と、いろいろな職業の者が交通事故に関する問題の解決に向け関わっています。

それぞれの職業に従事する者が交通事故に関する問題に精通している場合であっても、次のように取り扱うことのできる範囲が決められています。

弁護士

すべて取り扱うことが可能

司法書士

賠償金額が一定額未満の交通事故

社会保険労務士

仕事中に発生した交通事故

行政書士

訴訟・交渉などを除いた書類による手続き

交通事故に関する問題解決方法として裁判手続きを想像される方が多いかもしれません。

しかし、交通事故に関する問題が裁判まで発展することは少なく、ほとんどの交通事故は相手方保険会社との書類のやり取りで解決していることが多いのです。

書類のやり取りで解決できる問題を書類作成の専門家へ任せるという選択肢があっても良いと考えています。

行政書士が運営する後遺障害応援団が提供するサービスに、お客さまの症状が経過診断書へ正確に記載されるよう治療期間中の診察を受診するお客さまをサポートする「医師との面談」があります。

これは、書類の記載内容を立証する専門家である行政書士だから提供できるサービスであり、交通事故に関する問題を解決する他の業種の専門家にはできないことです。

また、後遺障害応援団では、後遺障害が認定されたあとの交通事故に関する問題について、慰謝料や逸失利益の算出・交渉に強い弁護士にお任せしています。

このように後遺障害応援団は、行政書士の得意分野を最大限活かすサービスです。

そのため、交通事故に関する問題を解決する他の専門家のお客さまの適切な後遺障害を勝ち取ってほしいと依頼されることも多いです。

後遺障害応援団をえらぶ

後遺障害応援団を運営する行政書士事務所は少数精鋭で運営しています。

これはあなたの適正な後遺障害を勝ち取るためとても重要だと考えています

後遺障害のご相談のときから後遺障害が認定されるまであなたを専属してサポートするためです。

多人数によるサポートは、事務所運営の効率化といった観点からは素晴らしいものと言えます。

しかし、交通事故による症状はその性質上、お客さまに応じてそれぞれ異なって存在するため、画一的に取り扱うことができません。

何らかの理由により連絡や引継ぎがうまくおこなわれなければ、お客さまの今後の人生に甚大な影響を与えかねない不利益を生じる可能性を否定できません。

お客さまをサポートすべき存在がお客さまへ不利益を招く存在となってはならないのです。

このような理由から後遺障害応援団は少数精鋭であなたの適切な後遺障害を勝ち取ります。

あなたは、後遺障害応援団のサポートを受けることにより、交通事故によるケガの治療に専念し、後遺障害と認定されたあとの治療費や後遺障害による収入減少などの金銭的不安から解放され穏やかな日常生活を取り戻すことができるのです。

後遺障害応援団の
3つの特徴

1

後遺障害の専門家が
あなたをサポート!

適正な後遺障害を勝ち取る交通事故被害者応援団にお任せください

弁護士や行政書士など、いろんな業種の者が交通事故に関する業務を取り扱います。

交通事故が裁判で争われる割合はそれほど高くなく、そのほとんどが書類のやり取りで解決しています。書類作成のプロとされる行政書士ですが、すべての者が交通事故について専門的な知識を備えているとは限りません

懐石料理が食べたいときに、中華料理やフランス料理のお店を訪ねないように、適正な後遺障害を勝ち取りたいときは後遺障害を専門に取り扱う者へ相談することが、確実であり近道であるとお考え下さい。

交通事故により負傷したあなたが、安心して治療に専念できるようサポートいたします。

2

お客さまが満足できる
サービスをご提供!

交通事故被害者応援団のサービスに満足する主婦

営利団体である保険会社が利益を追求し、自称専門家が業務を放置した結果、私は後遺障害非該当となりました。この経験を反面教師に、満足いただけるサービスを提供いたします。

スキル向上のため、提携いただいている弁護士と定期的に勉強会を開き、最新情報の収集やサービス内容の研鑽に努め、あなたへのサポートに活用いたします。

ご依頼いただいた直後から、医師へ治療方針や検査の実施を提案し、保険会社への対応など、適正な後遺障害の認定に向けたサポートを開始いたします。

症状固定日以降、適正な後遺障害の認定に向けた手続きへと移行し、示談等、交通事故が解決するまでの期間における金銭的な不安を払拭いたします。

3

料金の詳細が明確で
とても安心!

後遺障害応援団では、後遺障害等級認定申請にかかる料金について、「総額で〇〇円」といった総額での提示をいたしません。すべての業務内容における個別の料金について、ご理解いただけるまでご説明いたします。

業務を受任した後に発生することが予想される料金についても、同じく個別にご説明いたします。

また、口頭による料金のご説明が引き起こす誤解や遺漏を避けるため、書面やメール、SNS等の目に見えるカタチによってご説明いたします。

料金のご説明に使用する資料やお見積書等を作成する費用について、ご用意いただく必要はありません

治療期間中、不要な支出に対する不安を感じることなく治療に専念していただきます。

後遺障害応援団のサービスは
こんな方に特におすすめです

交通事故被害者応援団は 特にこんな方におすすめです
  • 交通事故によってケガした方
  • 交通事故発生からあまり時間が経過していない方
  • 交通事故によるケガのため入院している方
  • 交通事故当初より後遺障害の認定を見据えている方
  • 後遺障害についてよくわからない方
  • 相手の保険会社に手続きを任せたくない方
  • 保険会社から治療費の支払打ち切りを告げられた方
  • 突然変化した保険会社の対応が怖い方
  • 裁判は考えていないが適正な慰謝料の支払いを考えている方
  • 後遺障害について調べる時間を治療に充てたい方
  • 後遺障害に関する手続きを気軽に専門家へ頼みたい方
  • 交通事故についてどの専門家へ相談すればよいかわからない方

ひとつでも該当する方は後遺障害応援団が特におすすめです

お申し込みのながれ

1

お問い合わせ・予約

ご予約

後遺障害に関するご不明なことやお悩みについてお気軽にご相談ください。

ご都合の良い時間や場所、方法など、あなたの都合に合うご相談の予約を承ります。

事前にご予約いただければ、夜間や土・日・祝日など対応したします

予約時にお聞きしたお悩みについて、相談時に回答いたします。

2

ご相談

ご相談

ご自宅や病院、ご希望する場所にお伺いいたします。

オンライン上のビデオ通話などによるご相談についても承ります。

ご予約時にお聞きしたお悩みについて回答いたします。

ご相談時までに、新たなお悩みが生じていれば、そのお悩みについてもお聞かせください。

3

お見積もりの提示

お見積もりの提示

見積書を郵送する場合、ビデオ通話や電話を用いて内容をご説明いたします。

全体の料金ではなく、各サービスについて詳述した見積書を提示いたします。

後遺障害応援団における手続きの流れについて、ご説明いたします。

4

サービス内容の確認

サービス内容を記載した書面や見積書など、目に見える形でお客様にお渡しします。

後遺障害応援団のサービス内容や料金などを、しっかり確認してください。

ご不明な点や疑問がなくなるまでいくらでもご説明いたします。

5

お申込み

相談時にお伝えした内容やサービス内容、料金などすべてにご納得いただけましたら、後遺障害応援団へご依頼ください。

後遺障害応援団へのお申込後、新たに生じたご不明なことやお悩みについて、お気軽にご連絡ください。

6

ご契約

契約内容をご説明した後、業務委託契約書へご記入、押印いただきます。

契約書作成時には実印が必要なため、印鑑登録証と併せてご持参ください。

契約を締結し、手付金(事務手数料)の入金確認後、直ちに適正な後遺障害の認定に向けサポートを開始いたします。

適正な後遺障害を勝ち取る
後遺障害応援団のサービス

交通事故発生の第一報を受けた警察官は、当事者の話を聞いた直後または別の日に交通事故現場周辺を計測したり写真に収めるなど、交通事故現場を調査します。最近、ドライブレコーダーの装着率が上がり、後日提出された記録が証拠映像として利用されることも少なくありません。警察が撮影した写真や提出された記録映像などを閲覧したいと申し出ても当然断られます。仮にそれらの証拠を閲覧できれば、交通事故の過失や責任の所在などを争う機会は減り、交通事故に関する問題解決までの時間短縮になるのでは?と考えます。ただ、適正な後遺障害の認定と交通事故の過失や責任の所在との間において、あまり関連性はありません。では、なぜ、適正な後遺障害を勝ち取るために交通事故の現場調査を依頼する必要があるのか?それはあまり知られていませんが、とても重要な理由があります。あなたが交通事故現場を調査する理由を深く理解し、適正な後遺障害の認定に向け調査結果を活用すれば、適正な後遺障害の認定に近づくだけでなく、後遺障害認定後の交通事故に関する問題が早期に解決することとなるでしょう。とても重要な役割を担っている交通事故現場を調査する理由についてお伝えします。

交通事故が発生し自動車が損傷したとき、自動車販売店または自動車修理工場へ自動車の修理を依頼することとなります。自動車の修理を依頼された販売店または修理工場は、交通事故により損傷した自動車を修理する前に損傷個所を調べます。これは、修理に必要な費用を計算するためであったり、修理に必要な部品を調達するためです。交通事故の当事者は、自動車の修理を依頼した者へ損傷している個所を写真に収めるよう依頼すべきです。修理前の交通事故車両を調査したいと申し出れば、物的損害(自動車の損害)を請求するためにおこなう調査だと多くの方は考えるようです人身事故に含まれる物的損害の請求の観点においては正解ですが、適正な後遺障害を勝ち取るといった観点からすれば違っています。適正な後遺障害を勝ち取る観点による交通事故車両の調査が示す理由について、あなたが深く理解し、さらに自身の後遺障害の認定に向け十分に活用できれば、あなたが主張する自覚症状について信ぴょう性は上がり、適正な後遺障害が認定されるにとどまらず、当初予想していた後遺障害の等級以上の等級が認定されることもあり得ます。この交通事故車両の調査が示す理由についてお伝えします。

日常生活において何らかの職業に従事している方が、交通事故によるケガのため入院すれば退院するまで働けなくなります。また、入院はしなくても、交通事故によるケガのため働きたくても働けない状態となってしまうことがあります。このように、交通事故によるケガが原因で一時的に働けなくなったときは、働けなくなった部分の収入が減少してしまいます。交通事故によるケガのため減少した収入を補うため、休業補償制度が用意されています。交通事故被害者に対するセフティーネットの役割を持つ休業補償の受け取りについて誤解している方が多くいます。この多くの方に誤解される休業補償制度の正しい活用方法をお伝えします。これにより、あなたは交通事故によるケガのために生じる収入減少の不安から解放され、治療に専念することができ、また、安心して社会復帰できるでしょう。

交通事故によるケガを治すため継続的に病院へ通院していると、一定期間を経過する頃から保険会社は頻繁に連絡してきます。突然「当社の規定により今後はあなたの治療費を支払わない」と、治療費支払いの打ち切りを告げられたり、交通事故当時はあなたの身体のことを凄く心配し、家族のように話を聞いてくれた担当者がまるで別人と感じるほど急変したり、「ここ数年の法改正により、治療期間が短くても後遺障害と認定されるようになったので、そろそろ後遺障害を申請する準備を始めましょう」と偽る保険会社まで存在します。なぜ一定期間を経過すると、保険会社(担当者)の対応がこのように変わるのでしょうか?そこには、保険会社が切り離したくても、どうしても切り離せないある事実に理由がありました。この事実を正しく理解し、的確に対処することで、あなたは保険会社からの面倒な連絡から解放され、また、これまで以上に治療に専念できるようになるでしょう。保険会社が切り離したくても切り離せないある事実について徹底解説します。

交通事故に関する業務に限らず、行政書士は申請書類を作成するプロフェッショナルだと言われます。行政書士は依頼人に代わり役所などへ提出する申請書類を作成する際、記載内容が事実であることを証明する資料や証拠を収集します。このことから、行政書士は作成した申請書類の記載内容を立証するプロであるとも呼べるのではないでしょうか。適正な後遺障害を勝ち取る際においても、被害者の身体に残存する症状を立証する資料や証拠を提出します。この残存する症状の立証に関し、交通事故に関する業務を取り扱う専門家の間においても、実はあまり知られていないポイントがあります。このポイントについてお伝えし、あなたとともに活用します。これにより、あなたが主張している自覚症状の信ぴょう性が格段に向上し、適正な後遺障害を勝ち取るばかりか、すべての交通事故に関する手続きにわたってあなたに有利に働きかけることでしょう。

後遺障害と認定されるために必要な通院日数について、明確に定めている規定や基準はありません。しかし、相当程度以上の日数を経て、病院における治療を受診した実績を重ねることが要求されていることも事実です。明確に規定されていないことから、「治療期間の80%以上に当たる日数を通院すればよい」とか「月の半分以上に当たる日数を通院すればよい」とさまざまなことが、まるで都市伝説のように語り継がれています。明確に規定されていない通院日数だからこそ、捉え方に誤解が生じています。この通院日数の捉え方に関する誤解を知り、実践していくことで、あなたは面倒な通院日数の計算から解放され、治療に専念できることでしょう。この通院日数の捉え方についてお伝えします。

神経症状とは、交通事故によってケガをした箇所やその周辺を支配する神経に生じた損傷が引き起こす脳と末梢神経の間における信号の障害のことで、一般的に麻痺と呼ばれるものです。医師の診察を受診する際、多くの方は特定の神経症状について医師に対しうまく伝えることができません。なぜ、自身の身体に生じている症状なのにうまく伝えることができないのか?それは、特定の神経症状を認識する方法を知らないことが理由でした。この理由を知り、特定の神経症状を正しく認識できれば、あなたは自覚症状を正しく医師に伝えて新たな治療を受けることができ、後遺障害が有利に判断されることとなるでしょう。この自覚できなかった神経症状について認識する方法を具体的な体験を交えてお伝えします。

交通事故によるケガを継続して治療していると、担当する医師によって定期的な診察がおこなわれます。定期的な診察により、被害者(患者)の訴える症状がどのように変化しているか、今後どのような治療をおこなうべきかなど、これまでの治療法における被害者の症状への適合性または新たな治療法の採用について、医師が考察するためですね。医師による定期的な診察を受診する際、医師に伝えるべき自覚症状に関して、あまり知られていないポイントがあります。あなたが、伝えるべき自覚症状のポイントについて深く理解し、今後の治療や診察において的確に活用していくと、医師との間における関係が向上するばかりか、適正な後遺障害を勝ち取るといった目的の実現に向け、一役買ってくれることとなります。この伝えるべき自覚症状のポイントについて具体例を交えてお伝えします。

交通事故によるケガの治療を継続する際、レントゲンやMRIなどの検査を実施します。これらの検査結果の画像をもとに医師と今後の治療方針を検討したり、残存する後遺障害を予想し対応策を講じます。検査結果を示す画像が後遺障害に与える影響とはいったいどのようなものでしょうか?後遺障害の認定に大きく影響する事実について、あまり知られていません。知らずに見落とされることの多い、検査の画像が与える後遺障害の認定への影響についてお伝えします。あなたが、検査結果を示す画像が後遺障害に与える影響について理解を深め、的確に自身に起きている身体の異変や症状を医師に伝えることで、残存する症状が後遺障害に該当すると判断される確率が飛躍的に向上するでしょう。

交通事故直後、交通事故により負傷した者は、医師に「腕が痛い」や「肩や首が痛い」などの自覚症状を伝えます。すると、医師は患者(被害者)が主張する身体の部分をレントゲン撮影し、骨折の有無を調べます。このように、交通事故より発生した身体の異常を確認する目的でいろいろな検査が実施されます。医師は、患者の主張や検査の結果を参考に最適とされる治療法を講じ、それに沿った治療をおこないます。いろいろな検査の結果が後遺障害の認定判断に与える影響の大きさは容易に想像できるところです。交通事故によるケガの治療を継続していると、医師や保険会社は検査を受けるよう勧めてきます。なぜ、医師や保険会社の勧めに従い検査を受けたにも関わらず、後遺障害非該当となってしまうのでしょうか?それは、多くの方が検査の実施について勘違いしていることが原因でした。この原因を深く理解し、今後の治療に積極的に活用することで、当初予想されていた症状以外の新たな症状を発見できたり、すでに存在する症状を立証する際における心強い援軍となってくれるでしょう。この検査の実施に関するポイントについてお伝えします。

被害者に残る症状が後遺障害と認定される要件に「交通事故直後から一貫した症状が身体に残っている」があります。交通事故による受傷箇所の症状が治療を継続したにもかかわらず、そのまま残存していることが求められています。交通事故直後から一貫した症状が身体に残っていることについて、被害者が立証しなければならないとされています。自身が後遺障害に該当しているといった主張を証明するため、知らなければ損をするコツがあります。しかし、自覚症状の立証になくてはならないコツについて、あまり知られていません。自覚症状の立証に関するコツについて深く理解し、後遺障害等級認定申請の時まで実践すれば、あなたは、適正な後遺障害の認定といった目的の実現に向け、強い味方を得ることとなります。自覚症状の立証になくてはならないコツについて、お伝えします。

後遺障害の等級認定に向け申請するとき、提出すべき書類などが保険会社のホームページ上に明示されています。提出書類が明示されているため、多くの方(専門家を含む)は明示されている書類をすべて用意します。後遺障害と認定されるための他の要件を満たしていれば、誰が後遺障害の申請をおこなっても後遺障害と認定されるはずです。しかし、多くの方が申請する後遺障害は非該当となってしまいます。なぜ、要件を満たす後遺障害の申請が非該当となってしまうのか?それは、後遺障害の認定においてとても重要な役割を持っている書類について、保険会社が自社のホームページに提出すべき書類と記載できないことが理由でした。その事実を知り、それを活用することで、あなたは適正な後遺障害を勝ち取れるだけでなく、後遺障害以外の交通事故に関する問題の解決においても有利となります。その書類や理由について徹底的に解説します。

交通事故によるケガの治療を継続し、症状固定日を迎えると後遺障害の診断が実施されます。医師は後遺障害診断の結果を後遺障害診断書へ記入します。後遺障害診断書の「障害内容の憎悪・緩解の見通しなどについて記入する箇所」への記入内容が後遺障害該当または非該当へ直結することはとても有名ですね。実は専門家の間においてもあまり知られていない、後遺障害診断書の「①精神・神経の障害欄」への記入方法にコツがあります。その記入方法のコツを知り、医師にその記入方法に沿った記入をお願いできれば、あなたの後遺障害は認定されやすくなります。「①精神・神経の障害欄」への記入方法に関するコツについてお伝えします。

任意保険の特約として、被害者が負担する弁護士費用や法律相談費用などを補償してくれる弁護士特約があります。弁護士費用等担保特約や弁護士費用等補償特約など、保険会社により若干名称は違いますが、特約の内容はほぼ同じです。弁護士へ交通事故の解決を依頼するまたは相談する際に必要な費用の負担がなくなるため、非常に便利な特約です。とても便利な弁護士特約ですが、加入に関しあまり知られていないポイントがあります。この加入に関するポイントを深く理解し、正しく活用すれば、交通事故の解決に必要な費用の捻出といった不安から解放され、穏やかな気持ちで治療に専念することができるようになります。弁護士特約に関するポイントについてお伝えします。

交通事故によるケガの治療開始直後は、身体が交通事故以前の状態へ向かい回復していることを実感したかもしれません。そのまま治療を継続してもある程度の時期を経過したあたりから、身体の回復を実感できず症状だけが残ってしまうことがあります。この、治療を継続しても飛躍的な改善が望めなくなった状態を症状固定と呼び、症状固定となったであろう時期を症状固定日と呼びます。症状固定日は交通事故全体を通じてとても重要なものです。しかし、多くの方がとても重要な症状固定日について、大きく誤解しています。この症状固定日の誤解を深く理解し、正しく活用できれば、後遺障害の手続きのみならず交通事故全体にわたる手続きがあなたにとって有利なものとなるでしょう。多くの方が勘違いする症状固定日についてわかりやすくお伝えします。

医師は、交通事故により負傷したあなたを治療します。また、定期的に診察や検査をおこないます。後遺障害等級認定にかかる申請の際に必要な後遺障害診断をおこない、その結果を後遺障害診断書へ記入します。後遺障害診断書を作成できる者は医師に限定されており、我々専門家であっても作成することが認められていません。適正な後遺障害等級認定の実現といった視点においても、医師はなくてはならない存在と言えるでしょう。このように、医師が適正な後遺障害の等級認定と強く結びつくことから、多くの方が誤解していることがあります。多くの方が誤解している両者の関係性についてお伝えします。これにより、あなたは本来の役割について習得した知識を活かし、適正な後遺障害の等級認定の実現に向け主体的に行動できることとなるでしょう。

後遺障害応援団へご依頼後は、これらのサービスすべてご提供いたします

次ような方からのご相談には
後遺障害応援団は対応いたしません

このような方はご利用をお控えください
  • 虚偽の申請により、後遺障害保険金詐取を考えている方
  • 専門家へ依頼すれば、症状の有無を問わず必ず後遺障害と認定されると考えている方
  • わざわざ専門家へ依頼しなくても、自己流の方法で後遺障害を勝ちとれると考えている方

ひとつでも該当する方は後遺障害応援団のご利用をお控えください

お客さまからいただいた
貴重なご意見

ダメだと言われた後遺障害が12級!
専門家の凄さを知りました

【態 様】駐車場を歩行中後方より衝突された
【症 状】頸部、背部、腰部捻挫・右半身打撲
【後遺障害等級】12級13号

前回の交通事故で頚椎捻挫による後遺障害14級が認定されていたため、医師から「(前回の後遺障害認定から)9ヶ月未満の交通事故だから、今回は後遺障害が取れない」と言われ、同じように状況が厳しかった後遺障害の認定をうけた知人より紹介され、相談しました。

「今回の交通事故は、前回認定された後遺障害と同じ箇所を負傷していることから既往性を否定する必要がある」と、前回の交通事故の検査結果を取り寄せ、比較した内容を主張していただいた結果、後遺障害の通知書には「今回の交通事故による受傷箇所について既往性が認められない」と書かれていて驚きました

今回の交通事故による症状について、保険会社から前回の交通事故による後遺障害のため発生している症状と決めつけられ感情的に担当者と口論してしまいましたが、今後、保険会社への対応はすべて引き受けますと言われ、それ以降は気分を害する電話がなくなりました

医師へ後遺障害が認定されたことを伝えると、「後遺障害の専門家ってすごい」と感心しながら「患者の後遺障害を取るために手紙を送ってきた行政書士は初めてだった」と笑いながら教えてくれました。

14級が認定されれば上出来と考えていた後遺障害が12級と認定され、専門家に任せてよかったと心底思いました。

(ご本人様の承諾のもと一部修正して記載しています。)

会社員/50代男性

怖かった電話がなくなり
安心して治療に専念できました!

【態 様】交差点で停車中に後方より追突された
【症 状】頸部、背部、腰部、右肩、両手関節捻挫
【等 級】14級9号

後遺障害の手続きは、インターネットで検索すればたくさん見つかるので、自分で挑戦しようと考え頑張っていました。
交通事故によるケガの治療を開始して3ケ月が経過しようとする頃から、毎日保険会社から連絡があり、その都度「本当に痛みがあるのか?」「実は治っているけど保険金が欲しいから嘘ついてるでしょ?」と疑われ、さらに「あなたの脊柱管狭窄症は加齢によるもので、交通事故とは関係ない」「そんなに保険金が欲しいの?」などと信じられないことを言われ始め、保険会社からの電話が怖くて出れなくなっていたところ、主人から「後遺障害に強い行政書士を紹介する」と言われ、相談したところ私の目の前で保険会社へ電話してくださったのです
それ以降、毎日(多いときは1日3度)あれだけ私を苦しめ、恐れさせた保険会社からの電話が一切かかってこなくなりました
また、「衝突した鉄の塊同士の中にいて衝撃を受けたのだから、短時間で完治させようとあせらずに時間をかけて治療していきましょう」この言葉を信じて焦らず安心して治療に専念できました。

(ご本人様の承諾のもと一部修正して記載しています。)

主婦/50代女性

遠方だった私にも親切・丁寧に対応してくれた!
アフターサービスも安心!

【態 様】一時停止を無視した自動車に側方より衝突された
【症 状】頸部、背部、腰部、両手関節捻挫・右上半身打撲
【等 級】12級13号

交通事故を取り扱っている事務所をいろいろ検索し、複数の事務所へ問い合わせたところ、一番返信が早く電話の話し方が優しく好印象を受けたので依頼しようと考えましたが、事務所から離れたところ(岐阜県)に住んでいるため引き受けてくれないのではないかと心配しましたが、あっさり快く引き受けてくれました
初めての交通事故で何も分からなかった私に、後遺障害について丁寧に分かりやすく教えていただきました
治療期間中は、医師の診察を受ける数日前には欠かさず電話で身体の症状を確認していただいたあと次の診察時に医師にどのように答えるべきか指導していただきました。
そして、遠方にもかかわらず診断する病院へ毎回同行していただきました。
そのおかげで医師に身体の症状を正確に伝えることができ、不安を感じることなく治療に専念できました
後遺障害と認定され、紹介いただいた弁護士の方も優しかったので安心して交通事故を解決できました。

(ご本人様の承諾のもと一部修正して記載しています。)

会社員/20代女性

後遺障害応援団のラインナップ

交通事故現場調査

時間の経過とともに消失してゆく交通事故現場周辺の道路に残るブレーキ痕や施設の損傷について調査いたします。

交通事故現場の調査結果やドライブレコーダー等の映像から交通事故の発生状況を判断し、みなさまの適正な後遺障害の認定に向けサポートいたします。

交通事故発生からあまり時間の経過していない方に特におすすめなサービスです。

交通事故車両調査

交通事故により損傷した自動車を修復するため、修理工場などに預けられている車両について調査いたします。

修理工場などが自動車の修復に着手する前の状態(証拠)を保全いたします。

すでに修復が開始または終了している場合、修理工場などへ証拠資料の提出を求めることとなります。

交通事故車両の修復が開始されていない方に特におすすめなサービスです。

医師との面談

交通事故によるケガを治療していると、定期的に医師と今後の治療方針について相談することとなります。

この定期的に行われる医師との相談へ同行し、医師に伝えるべき内容について補足・助言をおこないます。

これにより、自身の症状を医師へ的確に主張でき、適正な後遺障害の認定に近づくこととなります。

後遺障害等級認定申請

お客さまより聴取した自覚症状や医師の診断、それらを立証する治療方法や検査の結果をもとに、後遺障害等級認定申請を代行いたします。

後遺障害等級認定申請の際、後遺障害診断書へ記載できなかった特記事項について記載した意見書を添付いたします。

後遺障害の等級認定機関より要求される、治療中に受けた検査の結果についても提出を代行いたします。

等級獲得報酬

後遺障害の等級に応じて支払われる保険金額は、認定された等級により大きく異なります

獲得した等級に応じた報酬を得るということは、より手厚いサービスをみなさまへ提供できるといった信念により設定しています。

後遺障害応援団は、お客さまとともに適正な後遺障害を勝ち取るサービスです。

出張料

公共交通機関を利用した際における往復に要する時間に対し、ご負担いただく費用です。

出張料の設定により、遠方にお住まいの方の後遺障害についても対応できることとなりました。

4時間未満

5,000円

4時間以上8時間未満

10,000円

8時間以上

20,000円

その他の費用

契約時にお支払いいただく手付金(事務手数料)は、サポート終了後にお支払いいただく代金へ充当いたします。

手付金

10,000円

検査結果の取得費用、消費税、振込手数料などについて、ご負担をお願いしています。

後遺障害応援団と他の専門家
料金の比較

他の専門家へ依頼すると…

「交通事故現場調査」「交通事故車両調査」「医師との面談」などの項目が、他の業務で使用する「事実確認」や「事実証明」など包括的・抽象的な項目名で記載されていたり、総額表示されることが多いです。

交通事故現場調査

交通事故車両調査

医師との面談

1項目あたり

30,000円~

後遺障害等級認定申請

50,000円~

等級獲得報酬

支払われた

保険金額の

10.5%~40%

後遺障害応援団の料金

すべての項目と金額が見積書や請求書、領収書にそのまま記載され、不明瞭な料金は発生しません。

交通事故現場調査

20,000円

交通事故車両調査

20,000円

医師との面談

10,000円

後遺障害等級認定申請

30,000円

等級獲得報酬

支払われた

保険金額の

10.5%

料金設定について

同じ勉強会へ参加する弁護士や行政書士から、次のように言われてしまいました。

「いやいや、被害者へ提供しているサービス内容から考えると安すぎますよ!大丈夫ですか?」

しかし、

後遺障害に関して悩んでいるすべての方が適正な後遺障害を勝ち取り金銭的な不安から解放される未来を実現するため気軽に相談できる専門家になる

このような決意から、価格を決定いたしました。

サービス利用のお礼として
次の特典をご用意しました

後遺障害認定後の交通事故に関する問題解決に向け、交通事故を専門に取り扱う弁護士をご紹介いたします。

当然、弁護士を紹介する「紹介料」についてご用意いただく必要はありません。

後遺障害応援団が持つ交通事故に関する情報等を共有するため、改めて弁護士と面談する必要はありません

あなたは、弁護士から送付される委任状へ記名・押印および電話等による簡単な打ち合わせをするだけ。

交通事故に強い弁護士を探す手間打ち合わせ時間の確保など、面倒なことから解放されます。

無料メルマガ登録はこちらから

交通事故発生直後から適正な後遺障害の取得までおトクな情報をお届けします
示談終了後の治療費後遺障害による収入減少などの不安から卒業しませんか?

 





お名前・メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。
登録後すぐに、記入されたメールアドレスに自動返信メールをお送りいたしますので、ご確認下さい。

よくあるご質問
Q&A

Q

相談無料とありますが、本当ですか?

A

はい、本当です。
ご相談後、ご相談した内容や提示した見積金額、サービス内容のすべてにご納得いただいてから、後遺障害の等級認定にかかる申請代行業務に関する契約を締結いたします。
契約締結前にいただいた相談やご説明について、料金は発生いたしませんのでご安心ください。


Q

無料相談のあと、必ず依頼しなければいけないですか?

A

いいえ、そのようなことはございません。
ご相談後、ご相談した内容や提示した見積金額、サービス内容のすべてにご納得いただいてから、後遺障害の等級認定にかかる申請代行業務に関する契約を締結いたします。
無料相談の実施を理由に、契約締結を強要することはございませんのでご安心ください。


Q

専門家の利用を開始する最適な時期はいつですか?

A

ご質問ありがとうございます。。
交通事故に関する問題を解決する専門家へ相談や依頼する最適な時期は、専門家により異なります。そのため、後遺障害応援団のサービスに限定してお答えいたします。
後遺障害応援団は、適正な後遺障害の認定を勝ち取るため、交通事故現場や事故車両などを調査して証拠を収集し、お客さまが訴える症状の一貫性を立証するため、医師との面談をおこなっています。
いずれも、交通事故が発生してから時間が経過すれば立証が困難となるものばかりです。
そのため、交通事故に関するご相談および後遺障害応援団のサービス利用開始は、交通事故の発生からあまり時間が経過していない時期を特におすすめいたします。


Q

後遺障害応援団へ依頼すれば、必ず後遺障害と認定されますか?

A

ご質問ありがとうございます。
後遺障害と認定されるためには、さまざまな要件を満たしていることが求められます。
すべての要件を満たしていることおよびその事実について立証できれば、後遺障害と認定される確率は高くなりますが、100%と断言することはできません
これまで多くの交通事故被害者の適正な後遺障害を勝ち取ってきた経験を活かし、最善のサポートをお約束いたします。


Q

依頼した後、ケガが治った場合どうなりますか?

A

ご質問ありがとうございます。。
後遺障害応援団へご依頼後、治療継続中に交通事故による受傷箇所が完治するなど、後遺障害手続きを継続する必要がなくなったときは、被害者請求手続きへの移行についてお客さまと協議いたします。
後遺障害等級認定申請代行料と被害者請求手続代行料は変わりませんので、そのまま手続きを移行した場合、新たに追加料金等が発生することはございませんのでご安心ください。


Q

後遺障害の手続きを取り扱っている地域はどこですか?

A

ご質問ありがとうございます。。
後遺障害応援団は、兵庫県神戸市にある行政書士事務所が運営しています。後遺障害応援団では、遠方のお客さまであっても次の方法によりサービスを提供いたしますので、ぜひ、ご検討ください。
これまで後遺障害応援団が遠方の後遺障害の手続きを受任した地域のうち、最も東の地域は宮城県仙台市最も西の地域は佐賀県鳥栖市で、さらに遠方の地域からのご依頼についてもお待ちしております。

ご相談・ご説明

オンライン通話等による対応

書類等

郵送またはメール等添付による対応

医師との面談

ご希望日時にご指定の病院へ伺います


Q

後遺障害の手続きを弁護士ではなく、行政書士に依頼するメリットは何ですか?

A

ご質問ありがとうございます。
弁護士や行政書士など交通事故に関する業務を取り扱う者は多数存在します。
弁護士へ依頼すれば、交通事故発生直後から示談終了まで対応してくれます。
しかし、一流の料理人が畑で農作物を育てることはありませんし、狩りや漁に出て肉や魚を調達しません。一流の者が用意した食材に超一流の技術を駆使して料理を提供します。
同様に、交通事故に関する問題解決についても証拠収集、書類作成、事実証明、損害賠償請求、示談交渉など各分野における専門家が協働することで、交通事故被害に遭われた方へ最善のサポートが提供できると考えています。
適正な後遺障害を勝ち取った後の交通事故に関する業務について、後遺障害応援団の理念に賛同いただいている弁護士へ対応をお願いしています。


ー さいごに ー

平成22年、私は追突事故による交通事故被害者となりました。

インターネットで上位表示された弁護士へ依頼し、治療を開始して3ケ月が経過しようとしていた頃・・・

後遺障害を取得すれば以降の治療費を後遺障害保険金で賄えるから直ちに手続きしましょう

保険会社の担当者から説明された旨を報告した弁護士の回答は、次のような内容です。

後遺障害の結果が出たあと改めて連絡をください

結果は、後遺障害非該当でした。

慌てて連絡するも弁護士は懲戒処分を受けており、繋がることはありませんでした。

この時点で、私の後遺障害の手続きが終了しました。

  • 当時、私自身が後遺障害について無知だったこと
  • 被害者を騙して利益を上げる保険会社だったこと
  • 被害者救済の概念を持たない者へ依頼したこと

現在の私なら、後遺障害に該当しなかった要因について理解でき、当時の自分を救うことができたのではないか、と悔しいです。

交通事故被害者の正当な権利や主張を虐げることを前提に、利益を追求している企業が許せません。

また、交通事故に関する専門的な知識や経験を有していない自称専門家についても許せません。

「正直者が馬鹿を見る」そんな世の中ではいけないと考えています。

私のような交通事故被害者を1人でも減らすべく、適正な後遺障害を勝ち取る専門家となることを選びました

後遺障害認定後、交通事故によるケガの治療費や後遺障害による収入減少といった金銭的不安からあなたを開放すべく全力でサポートいたします。

「後遺障害応援団」提供者:松井 昭一